当協会について

icon目的

公益社団法人大分県不動産鑑定士協会は、「不動産の鑑定評価制度の発展及び普及啓発によって、土地等の適正な価格の形成や、その合理的な利用の促進に資することにより、県民生活の向上及び県土の健全かつ均衡ある発展に貢献すること」を目的として、平成12年に発足(平成25年に公益社団法人として認定)した公益法人です。

icon沿革

昭和 50年 社団法人日本不動産鑑定協会 大分県部会として発足
平成 12年 社団法人としての設立許可を受ける。
平成 25年 公益社団法人としての認定を受け、現在に至る。

icon組織

会員数  37名(平成28年3月末現在)

icon事業内容

  • 不動産鑑定評価制度の普及啓発
  • 不動産の鑑定評価及び利用等に関する調査・研究
  • 不動産の鑑定評価及び利用等に関する資料収集・情報提供、機関誌等の発行
  • 不動産鑑定士等の研修
  • 県や市町村等が実施する地価の調査等に対する協力及び業務受託など