こんな時、ご相談ください。

不動産鑑定士は、不動産に関する高度な専門知識と豊富な経験を持った専門家です。 こんな時には、ぜひ不動産鑑定士をご利用ください

●お互い納得できる価格で売買したい。

不動産を売買したいけど、いくらで売買したらいいのか分からない。できれば、お互い納得できる価格で取引したいんだけど・・・

「思いどおりの値がつけば手放したい」と思っているときなど、まず、あなたの不動産の適正な価格を知っておく必要があります。また、不動産を買うとき、(等価)交換するときにも、鑑定評価をしておけば、安心して取引を進められます。 不動産鑑定士は、不動産の価格を評価する専門家です。依頼者が、売り手・買い手のいずれであっても、客観的な第三者として適正な鑑定評価を行います。 また、関係会社間や、会社と役員との取引などで、税制上、適正な価格での取引が求められる際にも、ぜひ不動産の鑑定評価をお役立てください。

●賃料はいくらにしたらいいの?

不動産を貸したい/借りたい。今の契約条件を変更したい。更新に合わせて賃料を見直したいんだけど・・・

ビルやマンションなどの家賃は、貸手も借手も納得のいく賃料にすることが必要です。不動産鑑定士は、価格だけでなく、賃料の鑑定評価も行います。特に、賃料は、その契約内容により、適正な賃料が異なります。契約後、長期間にわたって関係が続く賃貸借だからこそ、お互い納得できる適正な賃料で契約したいですよね。 また、名義書換承諾料や条件変更承諾料などの評価も行います。

●不動産を担保にしたい

所有している不動産を担保に事業資金を借り入れたいんだけど・・・

お持ちの不動産を担保に、事業資金などを借りる時、鑑定評価書があれば、借りられる金額の予想がつくなど、便利です。逆に、担保を設定するときは、評価額がはっきりしていることが重要です

●公正に遺産を分割したい。

不動産を遺産相続した。相続人で公正に分割したいんだけど・・・

財産相続で一番問題となるのが土地・建物など、不動産の分割です。例えば、隣り合った土地でも、大きさや形状、面している道路、付着している権利など、様々な要因により、その価値は異なります。鑑定評価により、不動産を価格に換算することで、正確で公正な遺産分割が可能となります。

●不動産を証券化したい。

所有している不動産を流動化する方法の1つに、不動産の証券化という方法があると聞いているんだけど・・・

不動産の証券化とは、賃料収入など、不動産から生じるキャッシュフローを源泉として、不動産を債券などの証券に換える手法です。 不動産を裏付けとする証券に機関投資家等が投資する場合や、特定目的会社に融資する場合、その不動産からどれくらいの収益が期待でき、将来の適正な売却可能価格を知るために鑑定評価が必要となります。

●他の人と共同で不動産を開発したい。

他の人と共同でビルを開発することで、もっと効率的にビルが建てられそうなんだけど・・・

共同ビルの開発や市街地再開発事業などは、大規模で効率的な開発が可能な反面、拠出する土地や費用、出来上がったビルの持ち分など、権利調整がとても複雑になります。複雑なものをスッキリさせ、無用なトラブルを防ぐためにも、客観的で公平な鑑定評価が必要です

●不動産を有効活用したい。

遊んでいる不動産がある。わが社の不動産は効率的に運用できているか、どうも心配なんだけど・・・。

不動産鑑定士は、鑑定評価業務を通じて、不動産に関する広範な知識と経験を身に付けています。不動産の有効活用方策の提案や、不動産投資の分析・評価など、不動産鑑定士は、不動産のエキスパートとして、広く個人や企業を対象に、様々な場面でコンサルティング・サービスを提供しています。

●この他にも・・・

・不動産に関連し、裁判で争っている。

・税額に納得できない。

・減損会計など、新しい会計基準に対応したい。

・会社更生法や民事再生法で、不動産の鑑定評価が必要だ。

    など

●不動産鑑定士調停センター

不動産トラブルについて、専門家に中立的な立場から調整して欲しいんだけど・・・。

不動産鑑定士調停センターは、法務大臣の認証(第76号)を受けた、裁判外紛争解決事業者です。不動産鑑定士調停センターでは、不動産の価格に関する紛争について、不動産の価格の専門家である不動産鑑定士と、法律の専門家である弁護士が、公正中立な第三者となって、当事者双方のお 話を聴きながら、解決のサポートを行います。